久々の

ゲーム漬け。
いつ以来だろう。ヴァルキリープロファイル・・・2?(どんだけ前なの)
ちょっと前に、職場の先輩からWiiを安く譲ってもらったので、
以前から気になっていたフラジールを購入。

fragile0429.jpg

いやあこれが・・・。面白い。
内容は、廃墟だけになってしまった世界を探索するアクションアドベンチャー・・・かな。
全体的に暗い画面に広がる、昭和中期くらいの匂いのする作り込んだ3Dの箱庭。
レトロな情景と切ない話と廃墟が大好きな僕なので、これはたまらないなあ。
昼頃起きて、今日初めてWiiをテレビに繋いでゲームを始めて、気づけば夜。
そんなのずいぶん久しぶりだ。学生時代はかなり普通だったけども。

話のなかで、P.F(パーソナルフレーム)という、女性の声で話しかけてくる
ナビゲーションAIがいるんだけど、こいつがとてもかわいい。
Z.O.Eというゲームでも、同じようなキャラクターでAIDAというのがいたけど、
僕はこういうのにすごく弱い。

彼女達は所詮は機械で、ただのデータベースであり、コミュニケーションが
成立するのはそれを人間に伝達するためのプログラムによるのだ、
というのはわかっているのだけども、
ゲームをプレイし、一緒に旅をするなかで、その存在はとても心地良く、
次第に、自分の傍らに無くてはならないものになっていく。
実体のない、声だけに頼る触れ合いが、逆に、自分と一心同体であるかのような
感覚を抱かせ、繋がりを深めるのかもしれない。

だから、いずれそれが消えてしまうような状況に陥ったとき、
人ではない彼女達が、人ではないからこそ、痛烈に、
プレイヤーに悲しみや孤独を抱かせる。

明日もまたプレイするんだろうけど、今日はなんだかせつなさで胸が
いっぱいで、どうにもどうしようもない。

主人公とP.Fが、話の中で一体どのような触れ合いをするのかは、
ぜひゲームの中で実際に、感じ入ってもらいたいと思います。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

戦隊は『函館』近海を航行中。
amazon今日の新刊コミック
プロフィール

yamashirogin

Author:yamashirogin
東京に出て、
哲学を学び、
港湾労働者になって、
都落ちして、
函館で働く
洋食屋の息子。

なにかあれば、メール。
dainisentai☆live.jp
(☆を@に変えてね!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード