スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

突発漫画レビュウ

最近読んで面白かったものいろいろ。


劇画ヒットラー (ちくま文庫)劇画ヒットラー (ちくま文庫)
(1990/08)
水木 しげる

商品詳細を見る


近所の古本屋でみっけた。
なんだ、水木先生はやっぱりただの神だったか、と思った。

映画「最後の七日間」でも思ったけど、一介の浮浪者からはじめて、まさしく前世紀最悪の
厄災の張本人と成ったこの男のドラスティック過ぎる人生は、
一方でここそこの行動から感じる人間臭さからか、妙な親近感を覚える。

この本のラスト、自決前に職員達に声を掛けるかわいそうな独裁者の表情は、
きっと水木先生にしか描けないと思う。オススメ。


ヒナまつり 1 (ビームコミックス)ヒナまつり 1 (ビームコミックス)
(2011/07/15)
大武 政夫

商品詳細を見る


インテリヤクザとエスパー少女のアナーキーな日常。
読後かなりの高確率でイクラ食いてぇーってなる。

絵も話も超うまい。読んでて安心のクォリティー。オススメ。


ゆゆ式 (4) (まんがタイムKRコミックス)ゆゆ式 (4) (まんがタイムKRコミックス)
(2012/03/27)
三上 小又

商品詳細を見る


出てるの見たらノータイムで「買わなきゃ」となる、僕の中では最近とても少ない一冊。

友達同士の、社会人生活では省けないいろんな間を省いた身内なテンポとか空気は、
目で見えるものではないだけに、よく表現できるなあと毎回驚く。
作者さんにはきっといい仲間がいるんだな、と思う。

絵とフキダシ以外の要素から、読者の頭がなにかを読み取ってはじめて完成形になる
作品だと思う。よく出てくる言葉遊び要素も好き。

海に行く話がディモールトベネ。オススメ。


ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)ヴォイニッチホテル 1 (ヤングチャンピオン烈コミックス)
(2010/11/19)
道満 晴明

商品詳細を見る


そういえばドウマンサンもやっぱり天才だなーと思う。
僕も義眼の色黒美幼女メイドと南の島の恋がしたいなー、とも思う。

設定が毎回常軌を逸しているのに、なんでもなく作品の空気が頭に馴染んでいるのはすごい。
オススメ。でも慰問はまずいと思う。

ヤッベー、ギリギリダナ、ギリギリ、アウトダ。


今日はそんなとこ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

戦隊は『岡山県』近海を航行中。
amazon今日の新刊コミック
プロフィール

yamashirogin

Author:yamashirogin
東京に出て、
哲学を学び、
港湾労働者になって、
都落ちして、
アメリカに渡った、
洋食屋の息子。

なにかあれば、メール。
dainisentai☆live.jp
(☆を@に変えてね!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。