スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマス

毎年身の振り方に迷う。


去年は、なんか一人でボーダーブレイクしてた。日記みてみたら。

一昨年は、同僚三人とPSP大会してた。ファミレスで。

その前の年は、残業明けにやることもなく絵描いたあと、スキャナが壊れた。

その前の年は札幌に行ったのか。確か、みんなで葉月堂で過ごした最後の夜。


年が進むたびに、世界が色褪せるのはなぜだ。(笑)


<今日の一枚>
20111225xmas.jpg

とりあえず色塗った。

もっと楽に絵が描きたい。


繰り返される悲しいクリスマスの歴史、というか昔の自分の日記を読んでて

思い出した。

キャラ設定が毎回置いてけぼりになるけれども、

僕は「札幌になんとかして帰りたい人」だったんだった。


帰れるに越したことはないだろう。

しかし、帰るまでの時間も人生であるということに気づいたのは最近だ。

中途半端な体勢のまま、ぞんざいに日常をこなしていても、

時間は同じく過ぎていく。

僕はいつまでそんな、舐めた人生を送っていくつもりなんだろう。

そして、そんなことをしている間に、僕の一番の親友は死んだ。


どこに軸足を置くか、決めて、或いは決めかねるうちにやがてなんとなく

踏み出してしまうその次の一歩は、恐らくこのあと、

一生かけて歩く道の第一歩だ。


乗り換えはお早めに。アナウンスが響く。

自分で時刻表を見て、決めなければ。

終点まではまだ長いようだけれど、

選べる分岐は、もう大して多くない。


・・・そうなのかな? 人は結構、いつだって変われるものなんじゃないかな?

変わらない場所に戻るために、むしろ次々と変わっていく環境の波に自分を乗せて、

乗り越える波間に、目指す場所が見えてくるなら、一生懸命バタ足するのもいいんじゃないか?


・・・これは一人語りなのか? 体裁もなにもめちゃくちゃだなあ。

あと僕は何かに乗っているのか? 歩いているのか? はたまた泳いでいるのか?

乗り換え云々は、さっき色塗りながら見ていたアニメの最終回の影響で、

つい書きたくなっただけなんじゃないか?


まあいいや。藻掻く日常の中にも、見つかるものはあるかも知れない。

手足が疲れてしんどくなったら、しばらく波任せでもいいだろう。

ただ、日常の体裁を整えつつ、その上っ面の世界の水面下に沈んでいくのは、

性格的にきっと無理だ。

藻掻いて藻掻いて、なにか腕に引っかかったり、足に絡みついたりしながら、

ゆっくり目的地に近づいていくしかないだろう。

そんで、昆布だらけになって砂浜に辿り着いたところをみんなで笑えたら、

それはとっても、楽しいだろうなあ。


まあなんだ、とにかくなんとか頑張ろうってこと。

待ってくれている人がいるうちはね。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

戦隊は『岡山県』近海を航行中。
amazon今日の新刊コミック
プロフィール

yamashirogin

Author:yamashirogin
東京に出て、
哲学を学び、
港湾労働者になって、
都落ちして、
アメリカに渡った、
洋食屋の息子。

なにかあれば、メール。
dainisentai☆live.jp
(☆を@に変えてね!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。