スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さむいなあ

栃木さむいなあ。

昨日の最低気温が札幌と二度しか違わなかった。


近頃、月曜日をやり過ごすのにすごい往生する。

あれだ、「鬱病の人は自分のことを鬱病だとか言わない」の理屈が少しわかった。

もう、他人様にそういうことを言うことすら億劫なんだ。

はずみで死なないように頑張らなきゃな。

いや、べつにこれといって死にたいわけでもないんだけど。

たぶん、ただ純粋に死にたくて死んでいった人なんていない。



<今日の絵日記>
20111219enikki.jpg

ブログの新たな可能性として(いやそんな大層なもんじゃない)、

絵日記というのはどうかと思ったのですが、なにせ描いてるのは朝だし、

絵があまりに文と関係ないし。なあ。

・・・将軍様は余計だったな。


ピクシブで水着マフラー部ってあったよね。関係ないけど。

あ、このひとはエイラですよ。スト魔女の。


日記中の駄文は、先輩のとこのブログで記事を紹介していた

今年死んだ人一覧、を眺めながらつらつら書いたもの。


欠けていくいくものと、そこを新たに埋めていくもの。

20世紀という時代性もあるのかも知れないが、

どうにも釣り合っていくような気はしないな。


いや、価値観そのものが転換期にあるなかで、そういう見方は間違いなのか。

ともあれ、英雄達は静かに去っていく、という感慨である。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

一体いつから―――今が20世紀だと錯覚していた?


欠けたピースは埋まらないなあ。心の隙間のようなものです。
結婚してからというもの、あっという間に一週間が過ぎますが、
まだ二ヶ月経っていないという事実に一方で驚いています。

>先輩

お疲れ様です。
あと、その有名構文なんて返すのが正解なんですか?(情弱)

20世紀に一時代を築いた、という枕詞がつく時点で、
なんというか歴史の隔たりといいますか、彼らはもう格が違って来る気が
するんですよね、これからの世代とは。

あの20世紀はそういう20世紀です。
(伝わるのかこの駄文)

充実した日々っていいすね。
冬の黄昏のような2011年史のなかに、
先輩の結婚と真綾の結婚が輝いてましたよ。なんか。

なん……だと……
と返すのが正しいようです。

成程。失礼しました。

充実してるっていうより踊らされてるのが正しいかな。
あっという間です。2012年はいい年になるといいと思う。

>先輩

文章が雑ですみません。

しかし本当に、来年はいい年になって欲しいですね。

踊る阿呆に見る阿呆、じゃありませんが、
やはり人生、踊ったほうが楽しいことには間違いないでしょう。

僕は当分、見る側に留まることになると思いますが。
まあ、それはそれで。
戦隊は『岡山県』近海を航行中。
amazon今日の新刊コミック
プロフィール

yamashirogin

Author:yamashirogin
東京に出て、
哲学を学び、
港湾労働者になって、
都落ちして、
アメリカに渡った、
洋食屋の息子。

なにかあれば、メール。
dainisentai☆live.jp
(☆を@に変えてね!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。