スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空の上の追憶

昨日からフィンランド入りです。
初日に駅前でホテル探してうろうろしてたら、親切なおばあちゃんが
わざわざ一緒に歩いて案内してくれました。ありがたい。

んで今日は、今回の旅のメインイベント的な、
フィンランド中央航空博物館へ。

ヘルシンキからフィンランド鉄道(略称VR ※ロゴがJRっぽい)に乗って、
タンペレ経由でユバスキュラへ。時間は3時間半くらい(料金50ユーロ弱)。
距離感覚的には函館―札幌間くらい。(読むひとを選ぶね!)
ユバスキュラ駅に着いたら、近くにあるバスターミナルから今度はバス。
なんだけど、住所メモっといたラップトップのテキストファイルを
手帳に書き写してなかったことに気がつく。ここで。・・・んぐっ!

しかしまあ、なんとかなんべと思ってバスの経路図から
記憶を頼りに地名を探してみる。
確かなんとかコスキ・・・なんとかコスキ・・・
テ、ティッカコスキ! そうティッカコスキです。
コスキはフィン語で急な川の流れとかなんとかそういうね。
コスキネンさんていう人名がある。確か。

ちなみに、バスターミナルのすぐ近くにある観光案内所には
博物館のパンフがあるので、もし記憶がなんとかコスキで止まっても
大丈夫。建物はピンク色の木造。案内のおねえさんが二人とも美人。

22番のバスに乗って(料金は距離制。5ユーロ10セント。先払い)、
40分くらい行くと到着。窓から、博物館の看板が見えます。
プロペラっぽいやつ。
ちなみに一番前の座席に座ると、車内の電光掲示板が見えないので
注意。外に看板見つけて慌ててストップボタンを押す。

「あー。着いたなあ」
とか言いながら、しばし立ち尽くす。下駄履いて。
お客さんはそこそこ。

古いミグ戦闘機とかレーダーアンテナとかが並ぶ先に見える、
きれいなエントランス。

よしよし、早速入ろうかな。

そんなこんなで入場。続きは写真つきで後日。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

戦隊は『岡山県』近海を航行中。
amazon今日の新刊コミック
プロフィール

yamashirogin

Author:yamashirogin
東京に出て、
哲学を学び、
港湾労働者になって、
都落ちして、
アメリカに渡った、
洋食屋の息子。

なにかあれば、メール。
dainisentai☆live.jp
(☆を@に変えてね!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。