やっちった

なんか家にでかくて黒い箱が。
どうして最上位機だネットもないのに。
でかくて黒くてカッコ…イイ

とりあえず閣下とトップアイドルを目指そう。


あと今日はMas.kとウルトラマンの映画を観て来た。

平成ウルトラマンはあんまり詳しくないけども(ていうか、ウルトラマンシリーズ全般に疎い)、
最近のウルトラマン映画は、そんな僕でも毎度毎度楽しく観られる作りをしてくれていて嬉しい。
初代ウルトラマンから続く本来のウルトラ兄弟達と、それとは全く別個の流れで作られた
平成ウルトラマン(ティガ・ダイナ・ガイア)の双方を、見事な脚本で同じ世界に出会わせ、
共闘させていたと思う。
「ウルトラマン」がテレビの中だけの存在である今作の世界は、
いわば僕らのいる現実そのままなわけで、正義のヒーローの存在しない世界で
暴れまわる巨大怪獣達は、当然のことながらその恐ろしさが際立っていた。
立ち上がる等身大の主人公達(それぞれ、冒頭から中盤まではただの人だ)も、
それぞれ描かれ方が人間らしく、自分が変身して怪獣を倒すのだ、という、
ウルトラマン映画の観客みんながきっと持っている夢を、素直に
重ねられる存在になっていたと思う。


<今日の一枚>
参考資料は中日の井上外野手。
萩原雪歩<アイドルマスター>

いつまで続ける気なんだ僕は。
雪歩は左打ちの外野手。雪歩までパワーヒッターなのか…。
あ、アイマスプロ野球はきちんと更新してた。頭が上がらない。


<今日のニコニコ動画>


もう知ってる人も多いかもですが、紹介せずにはいられないご機嫌なナンバー。
みんなハッピーになってくるがいいさ。
スポンサーサイト

涙腺

最近、涙腺が緩い。
無類のドキュメンタリー好きなので、NHKの製作した
その手のスポーツ物や時代物をよく観るのだけれども、
今週は西鉄の稲尾選手の日本シリーズ5連投の話で泣き、
陸上の朝原選手の北京五輪男子400Mリレー3位入賞の話で泣いた。

昔は、鳥肌は立っても涙はそんなに出てこなかった気がする。
少しだけ歳を取ったんだろうか。
とりあえず、男が掛け値なしの全力を注いだ熱い話に僕は弱い。



<今日の一枚。>
広島市民球場より中継です。
高槻やよい<アイドルマスター>

『あの、ここにいるみんなでクライマックスシリーズに行けたらなーって』

とか。

やよいは俊足巧打の内野手だそうです。あとメンバー唯一の三塁手。
ちなみにチームが広島なのはびん・・・いけね、目から水が。

1ゲーム差

巨人が負けてしまった。そして阪神が勝ってしまった。

昨日まで両チームは同率首位だったので、これで
1位阪神、ゲーム差1で2位巨人ですね。

それもこれも横浜が阪神に勝たないのが悪い。
伊織(巨人)がやよい(広島)に負けるのは致し方ないにしても。
(やよいおり的な意味で。)

とはいえまあ、横浜担当のひとはゆとりのひとなのでしょうが無い。
ハハハ! ゆとりめハハハ!

<そういうわけで今日のゆとりのひと>
星井だからベイスターズ・・・か。

星井美希(アイドルマスター)


気づけばアイマスの絵ばかり描いている。

そんなに好きならそろそろゲームやろうよ、と思って銀行で5万円(x箱代含む)おろしたけれども、
まごまごしているうちにはや一週間が経つ。

まごまごという言葉からにごまやこさんを連想しうっとりしてしまう。

そんな僕の明日はどっちなんですか。

虫の音

そろそろ、というかもうだいぶ前から、
夜の虫の音が騒がしい。
世の中から見捨てられたような、
東京湾の真ん中の埋立地でもそうなのだから、
それはもう、世界の隅々にまで広がらんとする彼らの底力に恐れ入る。

こないだは、僕の住処であるアパートのロビーに迷い込んだ
コオロギを見つけて、玄関の植え込みに放してやった。
丸っこい頭にずんぐりした体、しっぽに長い卵管を生やした、
メスのエンマコオロギだ。

小さいころは父とよく車で虫取りに出掛け、
二人でプラスチックの虫かごを一杯にしては、家の近くの草むらに放した。
一回に7、80匹は下らなかったが、
なぜそんなことをそんなに一生懸命やっていたのかはわからない。
虫にとってはいい迷惑だし、なにより地域の生き物の分布図を
無闇やたらといじるのは、きっと褒められたことではないだろう。
思い出すたび、いつも少し反省をする。

とはいえ、当時はそれが使命であるかのように、
僕と父は取ってきた虫を近くの草むらに放ち続け、
家の近所では次第に虫の声が響くようになった。
それは主にエンマコオロギで、たまに、ハネナガキリギリスや
ウマオイやトノサマバッタなんかが混じった。

今でも、家の裏に聳える小さな山のあちこちで、彼らの子孫が
ぽつりぽつりと鳴いている。
寒くて餌も少ない僕の街では、結局、あまり数は増えなかったようだが、
かつて、コオロギの鳴くことはなかったあの港町の夜に、
時折響くコロコロという呑気な音色は、いつもいつも、
僕に懐かしい記憶を思い起こさせる。

手元の携帯電話には、先日助けたのコオロギの写真が
一枚残っていて、僕はたまに、それを眺める。

最後に、父と虫取りに行ったのは、いつだったろうか。
もう、親子で虫取りをすることもないんだろうな。
そう思うと、毎度毎度、少しさびしい気分になる。

たまに仕事で上京する父と、スーツを着て、一緒に銀座へ食事に出掛けるよりも、
あの、北海道の片隅にあるワイン園の草むらで、共に虫を探して黙々と
屈み込んでいたほうが、たぶん、二人の性に合っている。



<今日の一枚というか蛇足>
フォームの参考は、水樹奈々をファンに持つあのキャッチャー。

未だに、右向いた顔がうまく描けない。

真は、虎で強打の右打ち内野手。
伊織との対決が楽しみです。

秋分の日

亡くなった人を偲んだり、お墓参りしたりするとよいそうですよ。
・・・そうだったのか。

それはさておき。
最近野球がおもしろいのですよ。
なんといっても巨人が強い。
・・・・・・。
いやまあ、巨人ファンだから、巨人が強けりゃそら
野球もおもしろいでしょうねって話ですが、
ポイントは阪神との優勝争いの趨勢なのです。
現在、ゲーム差無しの首位で並ぶ両チームが、
残り約13試合、デッドヒートを繰り広げる、この展開。
やはり最後の最後まで盛り上がってこそのペナントレース。
しかも、セ・リーグの誇る伝統の一戦。
まあ、クライマックスシリーズがあるので昔ほどの
緊張感があるわけではなく、むしろ「まあ負けても次があるし」という
余裕を持った星数争いなのかも知れませんが、
まあいいじゃないですか。こんなにおもしろいんだから。

てなことを考えていて、ふと、野球絡みのイラストが
描きたくなったけど、最近はアイマスに執心の僕。
なんとか野球とアイマスを両方盛り込んだネタはないものか、
そんなことを夢想するうち、ひとつの閃きが。

(まてよ、日本プロ野球はセ・パ12球団。)
(アイマスのキャラは全部で11・・・まあ小鳥さんを入れれば12人。)
(公式設定でなくとも、それぞれの好きなチームとかってないのか?)
(まてよ、各キャラの個性を生かして、それぞれにチームを当て嵌めていけば・・・)

そこまで考えて気づく。「これもう考えてる人絶対いる。」

というわけで 「アイマス プロ野球」 でぐぐってみる。





・・・ありやんのよ。



いやあ、ニコニコってすごいなあ。
ていうかアイマスってすごいなあ。主にP達が。

<で、ようやく今日の一枚>
フォームの参考は井川。(えー

「・・・え、カラーじゃないの?」禁止。
伊織が巨人で本当によかった。

さてさて、毎週土曜と今後のペナントの行方が楽しみだ、な管理人でした。

めくるめく愚民ライフ

こんばんわ。眠いです。台風きてます。

まあそんなわけで生きてました。
このところはスカイクロラ観たり伊豆へ行ったりもしましたが、
とりあえず明日も仕事だ。

<今日の一枚>
閣下。

あとこれすごいなあ。



気づけばアイマス漬けの僕の毎日の明日はどっちだ。
あ、明日は朝から台風対策の後始末です。でした。

ぽえ。
戦隊は『函館』近海を航行中。
amazon今日の新刊コミック
プロフィール

yamashirogin

Author:yamashirogin
東京に出て、
哲学を学び、
港湾労働者になって、
都落ちして、
函館で働く
洋食屋の息子。

なにかあれば、メール。
dainisentai☆live.jp
(☆を@に変えてね!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード